ジョイホナの影あそび劇ジョイホナって?劇団プロフィール徳島から発信!メンバー紹介

劇団といっても夫婦2人だけのチームです。普段の愛称「やまちゃん」「いっちゃん」を舞台でも使っています。
●やまちゃん/山崎康忠(やまさきやすただ)
1962年5月生まれ徳島県松茂町出身
「太陽を運ぶ神より名付けたジョイホナですが、皮肉なことに公演現場ではいつも太陽との戦いです。会場に暗幕を張り、影絵をうつす光がより生きるように外からの日光をシャットアウトしなければなりません。これが結構大変。でもいつか、太陽と仲良くして日光を使った影あそび劇をやるのが夢です。もちろん野外で。だって、地球は宇宙という暗幕に囲まれているのですから!」
●いっちゃん/山崎一子(やまさきいちこ)
1972年9月生まれ神奈川県厚木市出身
「影あそびを通じて、親子や、おじいちゃんおばあちゃんとお孫さんの交流が深められるお手伝いができたらいいなと、最近とくに思っています。以前、舞台終了後の交流の中で、お母さんにロバの頭をつくってもらって、小学校低学年くらいの男の子に、ロバの足を作ってもらったことがありました。親子で一つの手影絵を力をあわせて作るのは思っている以上に楽しいことなのかもしれません。二人の笑顔と暖かい雰囲気がとにかく印象的でした。
お父さんお母さんも、おじいちゃんおばあちゃんも、たまにはお子さんお孫さんと影あそびしてみませんか」
☆ふたりとも影絵劇団かかし座(日本で最初の影絵の専門劇団)出身です。